品質・技術

品質・技術

ぜんまいばねは、当社の製品の中心であり、接触型渦巻きばねと非接触型渦巻きばねの2タイプに分けられます。接触型渦巻きばねは、一般的に「ぜんまい」と呼ばれ、一定断面の帯状材料を一平面で渦巻状に巻き両端の外力(トルク)で機能します。ぜんまいは、限られた空間で大きなエネルギーを蓄積出来るようになるため、非常に幅広い用途に使用されます。弊社は、シートベルトリトラクターを中心に製造しております。自動車1台に対して5つ程度のSBRが使われます。



材料

渦巻きばねの原材料として一般的にフラットワイヤー(Flattened wire)もしくは、パテントワイヤー(Patenting wire)が使われます。そしてゼンマイばねに適用するためには、厳しいトルク管理、耐久性および耐環境性能が要求される中、HSPSは専門的な生産技術で活躍しています。



圧延ロールによって作られる材料の技術的な特徴

 Wire (Round shape)

 Cold Rolling

 Flat wire



圧延ロールによって作られる材料を使う利点

 エッジ処理する必要がない。

 コーナーRが作りやすく、使用時に音をたてない。

 加工時に材料のかたさを調整することができる。

 ばねの製作には柔軟性がある(寸法に合わせて調整できる)

製品

Read more 

使用用途

Read more 
Top